模擬試験を利用して学習に対して積極的に。

模擬試験を利用して学習に対して積極的に。

模擬試験を利用して学習に対して積極的に。

人間は基本的に目標がないと中々頑張れない生き物なんだそうです。それはそうですよね、「特に目標があるわけじゃないけど頑張れ」なんて言われてもそりゃ頑張れません。なので目標がある方が良いのですが、目標が大きい場合中々達成できないわけですよね。すると挫折してしまうこともあります。なので大事なのは大きな目標と小さな目標を組み合わせることなんだそうですよ。これはテレビ番組の受け売りなんですけどね。例えば子どもに、受験に対してもっと積極的な態度で学習してほしいと思ったら普通親は「受験で希望校に合格できるように頑張りなさい」と目標を設定しますよね。けれど実際の受験はまだまだ先だったりするとどうしても子どもはやる気が出ません。そんな先の話をされても実感もわかないし、達成感もないからです。この場合、小さな目標として「模擬試験で何点以上取る」みたいなことを同時に設定してあげるとより積極的に学習するようになるんだそうです。
受験とは違い、模擬試験は受けようと思ったら様々な機関が実施しているので、それこそすぐに受けることができます。そして自分の現在の学習状態や実力をすぐチェックすることができますよね。すると目標が小さく、そしてわかりやすいのでやる気がでるわけです。また模擬試験で良い点を取るという目標のために勉強すれば、自然と成績も上がります。そして最終的にそれが受験合格という目標を達成するのにも役立つわけです。だからもししっかりと子どもに勉強してほしいのであれば、単に「受験のために今から勉強しなさい」「今から勉強しておかないと、他の子に負けるわよ」なんて言うだけでは駄目です。逆に子どもがやる気をなくしてしまいます。そうではなく、子どもにもわかりやすい、例えば模擬試験で良い点を取ることなどの目標を立ててあげることです。そして目標を達成して達成感を学ぶことで、より大きな目標に子どもが挑戦できるようになるわけです。

Copyright (C)2016模擬試験を利用して学習に対して積極的に。.All rights reserved.